「三池山」~大蛇山のルーツを辿る~

2011-03-16

みなさん、こんばんわ
今日は、大牟田最大のお祭り、「大蛇山」のルーツを辿ってみたいと思います。
大蛇山は、その名の通り「大蛇山WAONカード」のデザインにも起用しています。 これは行くしかない!!

大蛇は水の神様
遥か昔、日本には、水の神の象徴とする水神信仰がありました。水は、農作物を育てる為、人々にとって、とても大切なものだったのです。
その為、昔は、雨乞いの祈祷が行われておりました。その祈祷場所のひとつと考えられているのが、三池山の山頂にある古い三つの池。この三つの池には、こんな伝説が。

その昔、それはそれは美しい玉姫というお姫様がおりました。お姫様は、三毛の地に不幸をもたらしていた「大蛇」を鎮めるために、人身御供として、差し出される事になりました。そして世にも恐ろしい大蛇に、今にも飲み込まれそうになった時、昔可愛がっていたツガニが現れ、大蛇を頭・胴・尾と三つに断ち切りお姫様を救いました。その時、三つに切られた大蛇が苦しみ暴れた跡がくぼんで三つの池が出来ました

そんな大蛇山のルーツにもなった三池山にぐるっと事務局スタッフが行ってきました。

若者の足で往復1時間くらいの道のりです。
まずは、普光寺を目指します。
こんなきれいな歩道を通ります

こちらが普光寺の臥龍梅(がりゅうばい)。


うわぁ…キレイ…
♥♥

思わず見惚れてしまう美しさです。
 


臥龍梅」は、龍が地を這う姿に似ていることからつけられたと言われています。ずっと見てるとほんとに、龍の姿に見えてきませんか・・・?

それでは、お目当ての三つの池がある三池宮目指して行きましょう
登り口には、清水が。

そしてここにも“”が。

さて、ここからは、非常に険しい道のりです…。

傾斜30~45度くらいありそうな険しい登山道。
足を高く上げないと登れません。
赤土や、大きな岩がゴロゴロ!

キ・・・キツイ・・・

事務局スタッフの息も上がります。

やっと三池宮の鳥居までやってきました!!

しかし…ここから更に、長くて急な階段を上ります。

はぁ…はぁ…

やっと到着!!!こちらが三池宮

そして左手には…

伝説の三つの池

ひとつ

ふたつ!!

みっつ!!!

この三つの池のひとつは、なんと底がなく、海に繋がっているとの言い伝えも…。
そしてこの池は、どんなに干ばつになっても枯れることがないと言われています。

なんだか、神聖な空気が漂っている感じです。

大蛇山の神様…

大蛇山WAONカードが普及して、大牟田がより良い街になりますように…

さぁ!また頑張って帰りましょ


三池山の木々は、まるでジブリの世界に入ったかのような不思議な気分にさせてくれました

大蛇山のルーツを見ることが出来て、今年の大蛇山がますます楽しみに、待ち遠しくなった事務局スタッフでした

カテゴリー: 解説 コメント(0)

コメントを書く







コメント内容