ぐるっとWAONカードとは?

ぐるっとWAONカードは、九州全域共通ポイントカードの「ぐるっと」と、全国で使えるイオンの電子マネー「WAON」がひとつになった地域ICカードです。

地域ICカード「ぐるっと」

加盟店でのお買い上げ100円に付き「1ぐるっとマイル(=1円相当)」が貯まります。次回以降のお買い物で使えます。

また、FeliCaポケット機能によって、ポイント、クーポンや会員証などさまざまなサービスを、一枚のカードに追加することができます。

あなたのお買い物をグッとおトクにする「ぐるっとマイル」

九州共通マイレージサービス「ぐるっと」

「ぐるっと」は、ひとことで言うと、「カードの利用者が、九州内の加盟店で買い物をした際に、【共通で貯められて、共通で使えるマイレージ】のサービス」です。

支払いの方法(現金なのか、WAONなどの電子マネーなのか、クレジットカードなのか)に関係なく、お買い上げの際に、お店に黄色の「ぐるっとWAONカード」を提示すると、もれなく「ぐるっとマイル」がつきます。

ちょっと細かく言うと、カードを端末にかざして、ポイントを入れてもらいます。

これで、加盟店でお買い物をするたびに、カードに「ぐるっとマイル」がどんどん貯まっていきます♪

どんどん貯ってどこでも使える使い勝手のよい「ぐるっとマイル」

加盟店でのお買い物の際に提示すると、お買い上げ100円につき、「1ぐるっとマイル」貯まります。

つまり、1,000円の買い物で10ぐるっとマイル(10円相当)、
10,000円の買い物で100ぐるっとマイル(100円相当)が貯まります。

貯まった「ぐるっとマイル」は、次回以降のお買い物(もちろん当日中でもOK)で加盟店であればどこでも使うことができます。

例を出した方がわかりやすいと思うので、お店を使って説明しますね。

Aファッション店
Bラーメン店
Cクリーニング店

という加盟店があったとします。A・B・Cは別個の独立したお店です。

カードを持っているあなたが、Aファッション店で買い物をした際に、15,000円支払いました。

「150ぐるっとマイル」貯まりました。

その足で、あなたはお昼ご飯を食べに馴染みのBラーメン店に行き、800円のラーメンを食べました。
ここではあなたはマイルを使わなかったので、800円支払って「8ぐるっとマイル」貯まりました。

ここまでで、
150+8=「158ぐるっとマイル」貯まりました。

夕方、あなたはCクリーニング店にワイシャツを出しに行きました。

Cクリーニング店のクリーニング料金は、ワイシャツ1枚200円です。

あなたが今日出すのはワイシャツ1枚だけでした。
そこであなたは、貯めた「ぐるっとマイル」を全部使ってクリーニング代を支払うことにしました。

「158ぐるっとマイル(158円相当)-200円=マイナス42円」なので、あなたは現金で、足りない42円を支払いました。
ここで、買い物としては「200円の買い物」をしているので、今回のお買い物で「2ぐるっとマイル」が貯まりました。

以上が「ぐるっと」と「ぐるっとマイル」の仕組みです。

カンタンですよね?
よく、お店が「自分のお店でしか使えないポイントカード」を発行していますよね?

それを、一つのお店でしか使えないのではなく、加盟店であればどこでも使えるようにした便利なカード。

それが「共通マイル」サービスである「ぐるっと」なのです。

電子マネー「WAON」

あらかじめチャージ(入金)して使うと、加盟店でのお買い上げ200円に付き「1WAONポイント(=1円相当)」が貯まります。貯まったWAONポイントは、チャージに交換できます。

ぐるっとWAONカードのデザイン

ご存知、幸運・金運を呼ぶイエロー(濃い山吹色)に、キャラクターの白い熊(ぐーま)、それから「九州を、ぐるっとつなぐ」という意味で九州の絵に赤いリボンをあしらっています。

ご当地カードも続々登場

地域の特色をあしらった、ご当地カードも随時追加しています。基本的な機能は「ぐるっとWAON」カードと同じ。売り上げの一部を地域に還元する仕組みもあり、地域振興の役割を果たします。